合成漆と本漆の合成材を使い、20回以上の塗りと研ぎ出しを繰り返し、深みある艶が出るまでに約1ヶ月を費やして仕上げる銘木無垢材の取っ手。

渓水トップページへ